一般歯科・小児歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント・義歯 ご予約お問い合わせ
HOME お知らせ ごあいさつ 診療案内 一般歯科・小児歯科 矯正歯科・在宅歯科診療 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント アクセス

審美歯科とは歯の美しさに重点を置いた治療治療の事で、
単に歯を白くするだけでなく健康で機能的にも問題がなく
見た目においても調和がとれた治療の事を言います。

かぶせもの・つめもの

■ハイブリッドクラウン(インレー)(保険外)

硬質レジン(硬質プラスチック)より粒子が細かいレジンでできています。色調は白く、セラミックに比べ透明感が低いものの、それより軟かく、硬質レジンより硬く歯の硬さに似ています。レジンより透明感が高く変色しにくいのが特徴ですが、メタルボンドと比較すると長い間には変色してしまいます。

■メタルボンド(保険外)

食器などに使われている陶器です。硬質レンジにくらべ硬く、色はきれいで天然の歯に非常に近い色や透明感が出せるので見た目が天然の歯と区別がつきにくいです。吸収が少ないためほとんど変色せず、20年、30年、たっても白い歯が保てます。

■オールセラミッククラウン(インレー)(保険外)

パナソニックで歯科用材料として生み出されたセラミックスです。 セラミックスは審美性が高く、汚れも付きにくく、身体にやさしい材料ですが、従来の治療では補強のために内側に金属を使用することもありました。ナノジルコニアを使用すると、その優れた強度のため金属を使う必要が無くオールセラミックス治療ができます。

≪クラウンとインレーの違いとは≫

・クラウンとは、歯の全体を覆うかぶせ物になります。
自分の歯の全周を削り、かぶせることになります。金属でかぶせる「メタルクラウン」や、金属の外側にセラミックを貼り付けている「メタルボンド」、全てセラミックで行う「オールセラミックス」などがあります。

・インレーとは、周りの歯がある程度残った状態に入れる金属やセラミックの詰め物のことです。
あまり大きくない虫歯に使用されます。ですので、小さな虫歯の場合では、わざわざ大きく
歯を削る必要のないインレー修復を選択することをおすすめします。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに白くする方法です。 もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色してしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。 その方法には、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で行う、ホームホワイトニングの2通りに分けられます。

オフィスホワイトニングについて
ttl-shinbi-img01.jpg

歯科医院で行うホワイトニングで、ホワイトニング剤を塗り、特殊な光を当てて歯を白くしていきます。短期間で歯を白くしたい方にお勧めです。

ホームホワイトニングについて
ttl-shinbi-img02.jpg

主に在宅治療で、 薬剤を塗布したマウストレイを寝ている間に装着するだけで、表面を削ることなく、持続的に歯を白くすることが出来ます。また、歯に優しい成分を使用していることで、処置中の知覚過敏を起こしにくいということが特筆される治療法です。

エアーフロー ttl-shinbi_img03.jpg
無痛レーザー ttl-shinbi_img01.jpg
PMTCキット ttl-shinbi_img03.jpg
ガムピーリング

ガムピーリングには、大きく分けて次の2種類があります。

●レーザーガムピーリング

レーザー光を当てて治療する方法で、個人差にもよりますが殆どは1~2回の施術で効果があります。
歯茎の黒ずみを確実に取ってくれますので、施術後はキレイなピンク色の歯茎になります。
安全な治療法で射後に少しちくちくしますが、すぐに治まります。

●ガムピーリング

ピーリング薬剤を歯茎の表面に塗ってピーリングするもので、痛みが少々ありますが気にするほどでもありません。
施術後は歯茎が白くなり、2~3日すると膜が剥がれてきて、1~2週間後には血色の良いキレイなピンク色の歯茎になります。1回で効果が実感できる人もいれば、数回の治療が必要な人もいます。
せっかくの白い歯を活かすのなら歯茎の色も整えてみませんか?

せっかくの白い歯を活かすのなら歯茎の色も整えてみませんか?

ttl-shinbi_img04.jpg

Copyright @ 2012 hikari-dental All Rights Reserved.