一般歯科・小児歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント・義歯 ご予約お問い合わせ
HOME お知らせ ごあいさつ 診療案内 一般歯科・小児歯科 矯正歯科・在宅歯科診療 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント アクセス

インプラントについて

インプラントとは

インプラントとは、むし歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、義歯が簡単に外れてこないよう、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。

従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。

また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

1. 歯が抜けたところに… 2. フィクスチャー(ねじ)を打ち込んで… 3. 上部構造(人工の歯)を付けて完成!
治療の進め方

ttl-implant-img01

治療後は毎日の歯磨きを欠かさず行い、年に2~3回再検査のため来院して頂きます。

治療費用について

費用については20万円~(歯一本)となります。
お気軽にご相談ください。

インプラント Q&A
インプラントを顎の骨に植えて、体に影響はありませんか?
インプラントを顎の骨に植えることにより体に悪影響を及ぼすということはありません。インプラント用の素材には、顎の骨に似ているもの、身体になじみやすいもの、腐食しないものが使用されているからです。従って、生体親和性が高く、拒絶反応の心配もありません。
抜歯してどのくらいでインプラントができますか?
骨ができるのを抜歯してから通常6ヶ月~1年間待ち、その後インプラント治療が行われます。仮歯を作り、それをはめながら待ち期間を過ごす方もいます。ただし、近頃ではGBR法という骨再生誘導療法の開発により、抜歯後すぐにインプラント治療を行うことが可能となってきています。
どのくらいの期間が必要ですか。また、通院回数は?
インプラントに必要な期間は、下顎で3ヶ月、上顎で4~6ヶ月以上と言われています。その上、この期間にインプラントを埋め込む前の処置、各種検査、歯周病の治療期間(必要に応じて)、インプラントの上部構造作成期間が加えられます。従って、合計では下顎で3~7ヶ月以上、上顎で6~10ヶ月以上となります。なお、通院回数は初診から大体10回くらいとなります。
なお、入院の必要性は殆どの場合ありません。
インプラントにしたら何を食べてもいいのですか?
入れ歯なら、細かい食品が床と粘膜の間につまり、不快な思いや痛みを感じるかもしれません。しかし、インプラントは天然の歯と同じです。また、しっかりと固定されています。従って、何を食べても大丈夫です。
治療をするとき痛くないですか?
インプラントを行う際の痛みに対する心配はあまりないかと思われます。なぜなら、手術を受ける前に麻酔をするからです。
ただし、まったく痛くないというわけでもありません。
抜歯する際に感じる痛みと同じぐらいの軽いものだと想像してください。
インプラントは必ず骨につきますか?
オッセオインテグレーテッド・インプラントの5年以上の長期的な成功率は、上顎で81%、下顎で91%といわれています。
インプラントが10年以上機能する臨床成功率は96%以上とされています。埋入が正しい診断に基づき、正しい術式に従い、メンテナンスを欠かさないことが重要です。
ノンクラスプデンチャー

入れ歯は使いたくないけど、入れ歯を使わないと治せない場合もあります。

入れ歯のイメージは入れ歯は痛くて噛めないとか、 入れ歯は硬いものは噛めないとか、あまり良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立て、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。また、見た目も良く自然な仕上がりになります。

Copyright @ 2012 hikari-dental All Rights Reserved.