一般歯科・小児歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント・義歯 ご予約お問い合わせ
HOME お知らせ ごあいさつ 診療案内 一般歯科・小児歯科 矯正歯科・在宅歯科診療 審美歯科 ホワイトニング インプラント インプラント アクセス

十分なカウンセリングを行った後に、治療内容についてご相談しながら診療を行いきます。
分かりやすい画像などを用いて、丁寧なご説明を心がけております。
なんでもお気軽にご相談下さい。

ttl-general-img01

歯みがきのレッスンをお子様と一緒にしたり、虫歯予防効果の高いフッ素塗布による予防を行っております。
虫歯になってからの治療ではなく、予防が肝心。虫歯にならないことが大切です。

「歯が痛くなってから」歯科医院へ行くという方は多いと思います。
実際に歯科医院に行くことで痛みの原因は根本から取り除けますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。
歯は一度削ってしまったら、元には戻らないのです。
そのため、近年では虫歯や歯周病にならない為に予防する事が重要視されてきています。
いつまでも健康な歯を保つために、予防を心がけましょう。

ttl-general-img02

毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、どうしても残ってしまう汚れなどの着色を、フッ素入りのペーストで磨き、プラークの再付着を予防します。

・虫歯、歯周病を予防したい
・毎日の歯磨きが十分でないと感じる
・歯周ポケットがある
・矯正装置がある
・被せ物やブリッジがある
・歯にざらつきがある

ttl-general-img03
img/ttl-general-title01.jpg

歯周病が感染症であるということが発見されてから、40年の間に歯周病の治療は画期的な進化をとげました。
歯周病になってしまったら、あとは抜けるのを待つだけというのは昔の話。
当院では、歯周病の原因、患者様の今の状態の説明、プラークコントロールのご指導など、カウンセリングを通して、一緒に歯周病の治療を行っていきます。

img/ttl-general-title02.jpg

歯周病とは、歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの健康な組織をじわりじわりと破壊していきます。

img/ttl-general-title03.jpg

統計によると、35歳で80%以上の方が歯周病になっていますが、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。
実は、10代からすこしづつ進行していき、20年の歳月をかけて、歯肉をじわじわと冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、
気がついた時には抜くはめに・・・

という可能性がある恐ろしい病気なのです。

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯周炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

ほとんどの人は、歯肉からの出血といった自覚症状を感じて、はじめて歯科医の診察を受けに行きます。
しかし、このような症状があるときは、かなり悪化した状態です。

放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。

50歳代で“自分の歯がほとんどなくなってしまった”ということにならないよう、日常的に歯周病の予防をぜひ心掛けて頂きたいものです。

ttl-general-img05

◆ 毎日のブラッシング
毎日、きちんとしたブラッシングで歯垢を取り除くことが大切です。ただし、[磨いている] と [磨けている] は異なりますので、歯科医にしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。

◆ 定期健診
歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングでは取れません。少なくとも半年に一回は定期健診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

◆ 早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩により、適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきております。
少しでも自覚症状があったら、痛みがなくても早目に診察を受けましょう。

当院では、『 痛みの少ない治療 』『 虫歯になりにくい治療 』 に取り組んでいます。

機器設備紹介はこちら

img/ttl-general-title06.jpg

一般的に「歯ぎしり」と言われる行為は、専門的には以下の3つに大別されます。

■ グラインディング

一般的に歯ぎしりと呼ばれている「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯ぎしりです。

■ クレンチング
上下の歯を「ググッ」と強く噛み合わせる歯ぎり。
音が出ないので気づかないことも多いですが、これも歯ぎしりの一種です。

■ タッピング
歯を「カチカチッ」と打ち鳴らす歯軋り。歯ぎしりの中ではまれなタイプです。

「歯ぎしり」によって歯がすり減ったり、欠けたり、動揺するようになったり、歯には大変な負担がかかります。
また、歯周病の患者さんの場合、その症状が悪化することもあります。

その他に、あごの筋肉に疲労を感じたり、顎関接症を引き起こすケースもあります。

治療はナイトガード(主として夜間装着する合成樹脂の歯ぎしり防止装置を口の中に入れ、歯やあごへの負担軽減)の装着や、咬合調整があります。

img/ttl-general-title07.jpg

顎関節症は自分で簡単にわかります。

  

●口を開けた時、閉じた時のどちらかでも音が出る(かっくん、がさがさなど)
●痛みがある
●大きく口が開けられない又は閉じない
以上の症状に一つでも当てはまれば顎関節症です。


治療の前に診断と原因をつきとめることが必要です。
原因は噛み合わせ、歯ぎしりや喰いしばり、外傷、頚椎の歪みや心理的影響によっても起こります。
治療は顎に力を加えるマニュピレーションという方法や夜間睡眠時にスプリント(マウスピース)を装着する方法、薬を使用する方法、カウンセリングや整体などの理学療法など様々です。
スプリントはいくつか種類があって病態や症状により使い分けます。

顎関節症は全員が治療するかというとそうではなく、一般に治療対象となるのは痛みがある、極端に口が開かない、閉じないなど、他に全顎的に被せ物や詰め物をするときに治療終了後、噛み合わせの不具合を起す事があるために顎関節治療を行う場合があります。

img/ttl-general-title08.jpg
img/ttl-general-title07-img.jpg

マウスガードとは弾力性のある素材でできた口の中の保護器具のことで、衝撃から「口や顎のケガ」「脳震盪(のうしんとう)」などを防止し、歯を食いしばることでバランス感覚の安定と身体能力・筋力の上昇を目指した器具のことです。
マウスガードでイメージされるのが、ボクシングや格闘技、ラグビーかと思います。また、最近では、野球やサッカー、ソフトボール、ラクロスなど様々なスポーツでも使用者が増えてきております。

スポーツにはケガはつきものです。選手同士でのコンタクトはもちろん、ボールや相手選手の肘や頭がぶつかるなど数多くの危険が伴います。ケガをしたり歯を失ってしまえば、費用がかさむだけでなく、ご自身の体にも大きな負担をかけます。そうなる前に、マウスガードでケガの予防を行いませんか?



【マウスガードの効果】


■歯と顎関節の保護
歯と顎の形に合ったマウスガードにより衝撃を緩和させ、歯や顎、口の周りのケガを防ぎます。

■脳震盪(のうしんとう)の予防
脳震盪は一度起こしてしまうと、起こりやすくなってしまいます。
アメフトやラグビーなど、歯を食いしばることで、衝撃ら脳の揺れを軽減させます。

■顎の骨折の予防
マウスガードのクッションにより、衝撃の強さを分散させます。

■顔面・口腔粘膜の保護

Copyright @ 2012 hikari-dental All Rights Reserved.